中学受験対策で国語が苦手と言われてしまいました

息子を中学受験させたいとは思いながら、学校の成績はすべての教科でそれなりの成績だったので6年生になったくらいから塾に通わせれば大丈夫かなと考えていました。ですが、少しずつ国語だけ成績が悪くなってしまってそれに引っ張られるように他の教科も徐々にできなくなってしまいました。私の中では、読解力をつけるために本をたくさん読むくらいしか方法が思いつかなくて、でももうあまり時間もないということで、ここから塾に通わせ始めました。

すると、すべての教科の成績は回復するし、国語が楽しくなってきたと息子がいうようになりました。そこで、どんな風に勉強しているのか聞いてみると、ただ問題を読んで答えを書くのではなく問題の中にわからない言葉があったら調べたり、設問に線を引いて何を聞かれているのか勘違いしないように線を引いたりしているとのことでした。それを聞いて、やっぱり中学受験の国語にだって勉強、解き方のポイントってあるんだなと思いました。設問を勘違いしないことはすべての教科に通じているのですべての成績が良くなったんだとも思いました。たかが中学受験とたかをくくらず、プロに頼ってコツを掴むことで我が家の受験は成功することができました。